狂犬病予防接種が始まりました
今年は異例づくめの春になっていますが

春といえば、狂犬病の予防接種の季節です。

法律上、ワンちゃんは年に一回

狂犬病の予防注射を打たなければいけませんので

4〜6月の間に集合注射か病院のどちらかで注射をうけてくださいね。



関東や大阪では集合注射が中止や延期になっているところもあると聞きますが

山口では今のところいつも通りに予定されていますので

以下の日は集合注射出張のため、院長の診察はお休みになります。

(病院は通常通りの診察を行っています)

ご迷惑をおかけしますがご了承ください。

4月10日(金)
4月13日(月)
4月17日(金)
4月20日(月)
4月24日(金)


先月半ばから試験的に予約診療を始めていますが

待ち時間が少なくなったとご好評いただいております。

待合室での密集も避けられ、新型コロナ対策にもなりますので

狂犬病やワクチン接種・フィラリアの検査など、

予定の立てやすいものに関しては特に予約がおすすめです。

もちろん、急に具合が悪くなることや飼い主さんのご都合もございますので

今まで通り順番での受付も行っておりますが、

緊急性が高くない場合は予約の方が優先されますのでご了承ください。

予約はお電話で承っています。



1週間先さえ読めない状況ですが

当院でもできる限りの対策を行っています。

今は一人一人がしっかり気をつけるしかありませんね。

| 予防について | 06:06 PM | comments (x) | trackback (x) |
フィラリア予防がはじまりました
フィラリア予防といえば春ですが

注射による予防はもう始まっています。


お薬が嫌いで毎月の投薬が大変な子や、

3・4月はバタバタしてご来院の時間がとれない方などには

年に1回の注射によるフィラリア予防をお勧めしています。


お注射の効果は1年間持続しますので

病院が混み合っていないこの時期に

フィラリア予防を済ませてしまうのも良いかもしれませんね。


注射をご希望の方は、2月末までにお電話にてご予約ください。

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

| 予防について | 11:00 AM | comments (x) | trackback (x) |
暖冬注意!
今年は暖冬ですね。

1月とは思えないほど暖かく、雪も降らず…。

こんなに暖かいと、なんだか嫌な予感。

そうです!

ノミ・マダニです!

今年は真冬にもかかわらず、ノミやマダニがくっついてしまい

慌ててノミ・マダニ予防薬を取りに来院される方が多くなっています。



以前であれば、「1月2月は予防しなくてもいいかな〜?」なんてお話ししていましたが、

2.3年前から「2月でも油断できませんね。」となり、

ついに今年は「1月も予防しないとダメですね〜。」

…温暖化は確実に進んでいるようです。



また近年はSFTSという、マダニが媒介して

人にも動物にもうつる病気がわかってきました。


ここ山口でも何例も発生しています。

重症になると犬も猫も人も死亡することのある恐ろしい病気です。

特効薬やワクチンはまだありませんので

マダニに咬まれないようにすることがとても大切です!


当院でも今冬から

お散歩に行くわんこや、少しでもお外に出るねこちゃんは

1年中マダニ予防をされることをお勧めしています。


病院で処方する犬猫用のノミ・マダニ予防薬は

効果も安全性も高く、様々なタイプのお薬がありますので

ぜひご相談ください。


院内掲示板より


| 予防について | 09:54 AM | comments (x) | trackback (x) |
フィラリア予防 最後までしっかりと!
早いものでもう12月!今年も残すところあと僅かになりましたね。

昨日、今年最後になる12月分のフィラリア予防薬を送り出しました。

毎月お送りしている方にはそろそろ届くころかと思います。

届きましたら12月10日を目途にお薬を飲ませてくださいね。

きなこちゃんはお薬をおやつだと勘違いしています
目が真剣↓



鋭い方は、蚊もいないのに12月にフィラリア予防薬?と思われるでしょうね。

実はこの最後の12月の予防はとても大切です


フィラリアのお薬は、蚊に刺されることで体内に入ってしまったフィラリアの子虫を

1か月に1回まとめて駆除するタイプのお薬です。

そのため、5月に飲むお薬は4月の間に入った子虫を駆除しますし

12月に飲むお薬は11月の間に入った子虫を駆除することになります。


特にここ最近は秋が暖かいので(暑い日もあるくらいですね)

11月とはいえ感染の可能性は十分にあり、油断はできません。


仮に12月のお薬が抜けてしまうと…

翌春までもうお薬は飲みませんので

体内で子虫が成長して、成虫になってしまう確率が高くなります。

(12月をサボってしまったばっかりに…という子も実際にいます)


フィラリアは成虫になってしまうと体内から駆除することが難しく、

完全にいなくなるまでには何年もかかってしまいます。

その間心臓病のような症状に苦しめられ続けることになりますので

感染しないように確実に予防することが、今現在では一番良い方法だと思います。



うっかり!飲ませ忘れてしまうことがないように

当院ではご希望の方には毎月お薬を郵送しています。

届いたら飲ませてくださいね。


「うちも送ってほしいわ〜」という方は、

春のフィラリア検査の時にご希望をお聞きしていますので、お申し出ください。

| 予防について | 10:11 AM | comments (x) | trackback (x) |
ノミ・マダニ大量発生中!
朝晩は涼しくなってずいぶん過ごしやすくなってきましたね。

私達も過ごしやすいということは

他の動物や虫も過ごしやすいようで…

ノミ・マダニも活発に活動しているようです。


そのせいか、先月末あたりから

大量にノミやマダニをくっつけたわんちゃんやねこちゃんのご来院が増えています。

「お家でシャンプーしたり、市販のお薬を使ってみたけどダメなんです。」

というご相談も多くなっています。



犬猫にノミが寄生している場合

すでに家の中でノミが繁殖してしまって

卵や幼虫が絨毯や畳に大量に…

なんて状態になっていることも。

(ちなみに、ノミの卵や幼虫はとても小さくほとんど見えません)

また、ノミやマダニはお庭やお散歩コースにいますので

一旦はシャンプーなどで駆除しても次から次に寄生してしまいます。


もちろん人間にもノミやマダニは付きますので

飼い主さんやご家族も咬まれてしまうことがあります。

咬まれると皮膚炎をおこしたり病気がうつったりすることもありますので

まずはわんちゃん・ねこちゃんの予防をしっかり確実にされて

家にノミやマダニを持ち込まないようにすることをお勧めします。


市販のお薬には効果の弱いものもありますから、

確実に駆除するためには、病院で処方されたお薬を使いましょう。


病院で処方するお薬にはいろいろなタイプがあります。

大きく分けると、飲み薬タイプと塗り薬タイプです。

どちらのお薬も、ノミ・マダニには効果がありますが

犬や猫に害はありません。


お薬の効果は1か月間持続しますので、

繰り返しノミ・マダニがついたとしても

その間はずっと駆除し続けることができます。

継続して駆除することで

気が付いたら大量に寄生していた!繁殖していた‼

といったことも防げますよ。


お薬によっては3か月間効果が続くものや

お腹の寄生虫も同時に駆除できるものもあります。


生活環境や性格によって、

それぞれの子に合ったタイプのお薬をお勧めしますので

相談してくださいね。


しっかり予防して

快適に健康に過ごしましょう。

| 予防について | 10:26 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑