ノミ・マダニ予防はお早めに!
地球温暖化が叫ばれている昨今ですが、今年は特に暖冬でしたね

そのせいか、

今年は真冬もマダニをくっつけているわんちゃん・ねこちゃんが多く見られました。


マダニは野生動物(イノシシやシカその他の小動物)にも寄生していて

冬の間も活動をしています。

野生動物が落としたマダニが、草むらなどに潜んでいて

そのあとを通りかかった犬や猫に寄生してしまいます。

山の近くはもちろんですが、

川沿い・公園・ご自宅のお庭や畑にもマダニは潜んでいます。


マダニは血を吸うだけではなく、

吸血の際にいくつかの病気をうつすことがあります。

最近大きな問題になっているのが重症熱性血小板減少症候群(SFTS)です。

この病気は動物にも人にもうつるウイルスの病気で、

ウイルスを持っているマダニに吸血されることで感染します。

また、感染している動物のよだれや血液・排泄物等からも感染することがあります。


感染してしまうと発熱・下痢などの症状がみられ、

短期間で死に至ってしまうことも多い恐ろしい病気です。

動物の中では、人と猫が重症化しやすいといわれていますが

まだまだわからないことも多い病気です。


残念ながら今現在、SFTSのワクチンや有効な治療等はありませんので

感染しないようにすることが大切です。


マダニに咬まれないよう

人の場合は山や草むらに入るときには、長そで長ズボン。

犬猫はノミ・マダニ予防薬を使うことが大切です。

ノミ・マダニ予防薬はスポットタイプ、飲み薬タイプがあります。

1回で3か月間予防できるお薬もありますので、ご相談ください。


あたたかくなると、マダニも一斉に繁殖して大量に発生します。

なるべく早く予防を始めましょう。


桜が咲き始めました


きなこちゃんもお花見です

| 予防について | 11:09 AM | comments (x) | trackback (x) |
春になるとフィラリア予防ですね!
日に日に春らしくなってきましたね
 
駐車場の花壇も少しずつ色づいてきました


春といえばフィラリア予防の季節ですね

昨日、ご案内のハガキを投函しました↓



今年もきなこちゃんをモデルにしています



ハガキにも書いていますが、

飲み薬のタイプのフィラリア予防薬は

5月初旬からとなりますので

3、4月中に血液検査にお越しください。


年度末・年度初めはお忙しい時期とは思いますが、

土曜日・日曜日も診察がございますので

ご家族でご予定を立ててみてくださいね



今年のゴールデンウィークの診療予定も参考にしてくださいね。

| 予防について | 04:49 PM | comments (x) | trackback (x) |
注射タイプのフィラリア予防が始まっています
一年で一番寒い季節ですね。

こんな時期にフィラリア?と思われるかもしれませんが

当院では注射タイプのフィラリア予防をこの時期に始めています。


注射タイプのフィラリア予防薬の特徴としては、

有効期間が1年間と長いので、年に一度の注射でしっかり予防できます。

毎月のお薬を飲ませ忘れてしまいがちな方や、お薬嫌いなわんこにはお勧めです。


また、3月4月は病院も込み合いますが、

この時期であれば比較的待ち時間も少ないので

年度末や年度初めがお忙しい方にもおすすめです。



注射タイプのフィラリア予防は完全予約制になります。

ご希望の方は2月中にお電話にてご予約ください。

院内掲示より↓


| 予防について | 11:35 AM | comments (x) | trackback (x) |
フィラリア予防は最後まで!
12月に入りましたが、日中は暖かい日が続いています。

病院の前の銀杏も今年は長持ちしています。

きれいですね


地域によって差がありますが

ここ山口では、フィラリアの予防薬の投薬期間は12月までとなっています。

もう冬なのに…と思われるかもしれませんが

この最後の投薬を忘れたために、感染してしまったケースもありますので

最後までしっかりと予防をしましょうね。

暖冬のせいか、今年はまだマダニも見かけます。

ノミ・ダニ予防も忘れずに!



昨日、近くの一の坂川あたりで

クリスマスイルミネーションの点灯式がありました。

きなこちゃんの夜の散歩も楽しくなります。

お近くの方はぜひ見に行ってくださいね。

| 予防について | 09:34 AM | comments (x) | trackback (x) |
歯みがきキャンペーン実施中!
ただいま歯みがきキャンペーン実施中です!


院内ポスターより↓



最近では歯周病になっているワンちゃんネコちゃんがとても多くなってきています。

歯周病になると、歯や歯茎の問題だけではなく、他の内臓の病気の原因にもなることがわかってきています。

予防するには歯みがきが効果的ですが、

「どうやったら良いのかわからない」といったお声を多くいただきます。

口頭で説明するだけだはなかなか伝わりにくいので、

気になられる方は、このキャンペーン中にぜひお試しください



すでに歯石がたくさん付着していたり、歯茎から出血がみられるような場合は、

無理に歯みがきをすると痛みを伴いますので、

診察をして歯みがきをしても大丈夫かどうか判断するのがよいでしょう。


進行してしまった歯周病は、適切な処置を行ってから歯みがきを始めましょう。



麻酔をかけての歯科処置も増えてきています。

処置前↓


処置後↓


ピカピカになりました



お口のケアはとても大切です

気になることがありましたら、なんでもご相談ください

ジメジメした季節ですが、お口爽やかに過ごしましょう!

| 予防について | 11:26 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑