フィラリア予防は最後までしっかりと!
ずいぶん寒くなってきましたね

昨日は市内でも雪が降ったところもありました

あたたかくしてお過ごしくださいね



さて5月から始まったフィラリア予防も12月で最後の投薬となります。

この時期になると、「こんなに寒いのに、まだフィラリアのお薬を飲ませなきゃいけませんか?」

というご質問がよくあります。

この質問をされる方は、フィラリアは蚊が媒介する病気だとご存知のスルドイ方です

確かに、12月に蚊を見かけることはなくなります。

しかし、

フィラリアのお薬の特性上、この最後の12月の投薬がとても大切です



ここでフィラリアのおさらいをしましょう

フィラリア症はフィラリアという寄生虫によって起こされる病気です。

フィラリアの子虫を持っている蚊に刺されることで、子虫が体内に入り感染してしまいます


お薬は体内に入ってきた子虫を月に一回まとめて駆除するものです。

駆除しないとどうなるかというと…

子虫が血管の中や心臓の中で成虫になってしまいます。

いったん成虫になってしまうと駆除が難しく、最終的には心臓病のような状態になり死に至ってしまう恐ろしい病気ですので、確実に予防することが大切です。




最初の質問のお答えとしては

「12月の投薬で、11月中に体内に入った子虫を駆除しますので必ず飲ませてください

となります。

さらに言えば、

「もしも11月中に感染していた場合、12月を飲ませないと次の投薬は5月になりますので、その間に子虫が成長してしまう可能性が高くなってしまいます。」



ちなみに投薬期間は地域の気温によって差があります。

山口では5月から12月までが推奨されています。

最後までしっかり予防して、健康に過ごしましょう!



きなこちゃんのお散歩も寒くなりました

クリスマスのイルミネーションがきれいです


| 予防について | 07:35 PM | comments (x) | trackback (x) |
ノミ・マダニ急増中‼
お盆休みも終わりましたね。

皆さん楽しいお休みを過ごされましたでしょうか?

東日本では冷夏の様子ですが、

ここ山口では、毎日とっても暑い日が続いていますね

ここのところ、暑さのせいか、ノミ・マダニが急増中です

ニュースでも取り上げられていましたが、人間のほうでは

マダニが媒介するSFTS(重症熱性血小板減少症候群)が増えているようです。

この病気は、まだまだ分からないことも多く、

やはり、マダニがつかないように予防することが大切ですね


犬や猫には、このほかにもノミやマダニが媒介する怖い病気があります。


最近では、簡単に予防できるお薬がありますのでご相談ください。

院内掲示板より↓



健康に夏を乗り切りましょう!

| 予防について | 11:10 AM | comments (x) | trackback (x) |
フィラリア予防を始めましょう
ゴールデンウィークも終盤ですね。

今年はお天気も良く、お出かけされた方も多かったのではないでしょうか

ゴールデンウィークが終わると、いよいよフィラリア予防の季節です。

山口の気温ですと、5月からスタートとなります

フィラリアは一度感染すると完治が難しく、重症になると命にかかわる重大な病気です

しっかり予防して、元気に過ごしましょう。


検査がまだお済でない方は、お早めにご来院ください。




フィラリア予防薬には、錠剤・顆粒・ソフトチュアブル(ジャーキーのようなもの)などがあり、その中から、飲ませやすいものを選んでいただいています

また、ノミ・マダニ予防薬と一緒になったものもあります。

飲ませにくいなど、お困りのことがございましたらご相談ください。



ちなみにきなこちゃんは、錠剤でも顆粒でもチュアブルでもなんでもおいしくいただいちゃう派です

これはソフトチュアブル 早く食べたいな〜  


| 予防について | 01:31 PM | comments (x) | trackback (x) |
ノミ・マダニ予防はお早めに!
朝晩は冷え込みますが、日中はポカポカ陽気ですね

こんなに暖かいと、ノミやマダニも一斉に活動し始めます

3月に入ると油断大敵です。しっかり予防しましょう。

院内掲示より


ノミ・マダニ予防薬にはいろいろなタイプがあります。

それぞれのワンちゃんネコちゃんに最適なお薬をご提案いたしますので、ご相談ください

| 予防について | 05:28 PM | comments (x) | trackback (x) |
早くもフィラリアのお話です
まだまだ寒い日が続いていますね。

こんなに寒いのに、フィラリアのお話?と思われるかもしれませんが…


フィラリア予防には様々なタイプのお薬があります。

その中の一つに、注射による予防があります。

一度注射すると、1年間効果が持続しますので、病院が混み合う春を避け、

この時期に注射しています。

どうしてもお薬を飲まないコや、うっかり飲ませ忘れが気になられる方は

注射による予防をお勧めしています。

院内掲示板より


注射は予約制になります(頭数に限りがあります)。

ご希望の方はお早めにお電話ください。

| 予防について | 02:54 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑