歯科の治療について
ここ数年、歯石除去や歯科の治療が増えています。

犬猫の場合、虫歯は少ないのですが

歯石による歯周病がとても多いです。

(2歳以上の犬の80%、猫の70%に何らかの歯周病があると言われています)


また、人と違って

治療中にお口を開けてじっとできない

という問題があります。


無理やり押さえつけて歯石取りなどをすると

きちんとした処置ができないうえに

犬猫にかなりの恐怖感を与えてしまうことになるので

二度とお口を触らせてくれなくなって

後のケアが非常に難しくなってしまいます。


また、歯科の治療器具は先端が尖っていたり

高速で回転するものが多く

少しでも動くとケガをする危険もあります。



そこで、安全で確実な処置・治療のためには

全身麻酔が必要になります。

全身麻酔というとハードルが高いように思われますが

当院では全身麻酔の前には血液検査やレントゲン検査などで

安全に麻酔がかけられるか確認を行います。



初期の歯周病であれば

歯石の除去や表面の研磨など

比較的短時間の麻酔で処置を済ませることができます。



重症になって歯がぐらぐらしたり

歯の根っこに膿がたまる状態になると

歯を抜いて歯茎を縫い合わせるといった

大がかりな治療が必要になります。

重度の歯周病




当院では動物用歯科ユニットを使用して処置や治療を行っています。



必要に応じて歯根部のレントゲンの撮影もおこないます。



歯周病を重症にしないためには

日頃の歯磨き習慣や早めの処置が大切です。


口臭や歯石が気になられる方は一度ご相談ください。

歯みがき相談も受け付けています。

| 治療について | 06:16 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑