狂犬病の予防接種がはじまっています
4月になると狂犬病の予防接種が始まりますね。

狂犬病という名前から、犬の病気のように思われるかもしれませんが

実は犬だけではなく、人を含めすべての哺乳類が感染する病気です。


発症すると有効な治療法もなく、死亡率はほぼ100%。とても恐ろしい病気です。


さいわい日本は島国ということもあり、

検疫と飼い犬のワクチン接種の普及によって

数十年間、動物から人への感染はおきていませんが

世界では毎年数万人が狂犬病で亡くなっており

現在でも流行している病気の一つです。


実際、昨年もフィリピンで犬に咬まれて感染した方が日本国内で発症し

残念ながらお亡くなりになられた例が報告されています。

(海外ではうかつに野良犬やその他の野生動物に触ることは危険な行為です)



日本では、狂犬病を国内に持ち込まない、拡大させないために

『狂犬病予防法』という法律があり、

犬の飼い主さんは

生後3か月以上の犬の登録と毎年一回のワクチン接種が義務づけられています。


飼い主さんお一人お一人が、毎年きちんとワクチン接種を受けさせることで

安心して犬と触れ合える環境を維持していくことが大切ですね。



登録が済まれている方には、市から封書が届いていると思います。

集合注射または動物病院で接種となっていますので

問診票に必要事項を書き込んでお持ちください。



当院では引き続き密を避けるため、

予約診療とさせていただいております。

狂犬病の予防接種をご希望の方も

お電話にてご予約ください。




すっかり散ってしまいましたが
今年もきなこちゃんのお散歩コースの桜はきれいでした。
いい笑顔


| 予防について | 01:20 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑