介護が必要になったら
今朝は山口でも氷点下になって、とても冷えましたね

1月も半ば。一年で一番寒い時期ですので、体調を崩さないように気をつけましょう!


今日は老犬・老猫の介護についてお話ししたいと思います。

ここ数年は飼主さんからの相談も増え、悩まれている方も多いのではと思います。

最近では犬猫たちも長寿になり、種類や体格にもよりますが13〜14歳を過ぎてくるころから介護が必要になることが多いようです。

ワンちゃんで多いお悩みは
 ・夜泣き
 ・排泄の失敗
 ・床擦れ(寝たきりの場合)

ネコちゃんでは
 ・排泄の失敗
 ・食欲のムラ
 ・性格の変化(怒りっぽい・無関心など)

などがあります。


ワンちゃんネコちゃんに共通のお悩みとしては、排泄の失敗があります。

もちろん泌尿器系や消化器系に問題がないことは確認しますが、

老犬老猫の場合はどちらかというと、足腰が弱って踏ん張りが効かないことが原因になっているように思います。

排泄は毎日のことでもありますので、なるべく飼主さんが楽に介護できるよう、オムツ等の指導をしています。

オムツにするタイミングやサイズ選び、ちょっとしたコツもありますので、ご相談ください。


寝たきりの場合は床擦れが大きな問題になります。

床擦れになっても、毛があるので気付くのが遅れることがあります。寝たきりになった場合は、気をつけるポイントや予防方法もありますので、お早めにご相談くださいね。


ワンちゃんの場合、夜泣きもご近所トラブルになりかねない大変な問題ですね


また、ネコちゃんの食欲のムラや性格の変化も、体の痛みがある場合や、他の病気が原因になっていることが多くみられます

ネコちゃんは体の不調を隠してしまう傾向がありますので、定期的な健康診断などをお勧めしています。




ご相談に来られた方は、みなさん「もっと早く相談すればよかった」とおっしゃいます。

「こんなことを病院に相談していいのかしら?」と思っておられる方も、お一人で悩まれず、ぜひ相談してみてください。

もちろん、若返るお薬はありませんので、若いころのように元気いっぱい!になるわけではありませんが、少しでも快適な老後生活が過ごせるように一緒に考えていきましょう。



介護というとマイナスなイメージを持たれることが多いと思いますが、

私も一昨年、老犬を介護し看取った経験から、介護は長年連れ添った?ワンコとの最後の貴重な日々、とても大切な時間だったと思っています。

一日一日を大切に過ごしていけるよう、ご協力できればと思っています。

| 介護 | 09:34 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑